インテリアデザイナー資格の完全攻略まとめ

インテリアデザイナー資格の完全攻略まとめ

おしゃれな家具・家電を使いたい

主婦に限らず、女性の多くはやはり、家具、家電は使いやすくておしゃれで、高機能なものを使いたいものですが、家具に関しては選び方が難しいものであり、メジャーで計測したり、部屋の広さを把握したりしないといけないため、少し面倒なこともあります。

 

 

ソファーやリビングのテーブルのようにほとんどの家族が集まるような場所では、女性のこだわりもより強くなります。女性のお部屋であれば、ベッドや化粧台、テーブル、本棚、パソコンデスクなど、出来る範囲でこだわって自分だけのお城を作りたいというのが本音でしょう。

 

近年の家具は木製のシンプルなものだけでなく、ミントグリーンや淡いピンク色など個性的な色合いのものも多くなっていて、完全なオーダーメイド家具を注文する方もいらっしゃいます。

 

以前に比べて家具は購入しやすくなった上に、価格も安くなって、頑丈になっています。赤ちゃんがいる家庭でも、子どもが怪我をしにくい家具が多くなったので、お母さんがほしい家具を買ってもそのまま子育ても、子どもが大きなった後も使っていける物が増えています。

 

家具はその機能性もデザインも良いものを選ぶ人が増えているので、他の家の家具と被らないオリジナルの家具を揃えることで生活はもっと楽しく有意義なものになるでしょう。

 

 

リビングはまとめてデザインしよう

リビングのデザインで大切なのは、何をメインにコンセプトを決めるかという点です。リビングは、テレビやソファーが置いてある場合が多く、基本的に何を主にするのかという点を考えてデザインするのが理想的です。

 

 

リビングでテレビを見ている時間が長い場合にはテレビを中心にしたデザインを選び、テレビを置く高さ、テレビ台、ステレオやスピーカー、音響設備も揃えると良いでしょう。

 

ソファーや机、カフェテーブルなども選んでもっと個性的にデザインできますが、この時にIoTを考えて言葉だけで電気を薄くしたり、つけたりできるようになると、もっと便利になります。

 

また、テレビや近くの家電、DVDプレイヤーや電動カーテンの開け締めなどもIoTで、スマートスピーカーなどに話しかけるだけで作業するようにできるようになると、快適さはさらにアップします。

 

テレビの配置と向きにあわせてソファーの向きと大きさを決めていってもよいのですが、エアコンの配置が先に決まっている場合には、エアコンが人に直接当たらないように配置や空間の使い方を工夫すると良いでしょう。

 

何かを中心にして、または、動かせない備え付けの家具、家電をベースにインテリアデザインをしていく事がおすすめの方法です。

 

インテリアの知識で設計できる

インテリアの知識をインテリアデザイナー資格講座で身につけることで、自分の部屋のデザイン、子供部屋や家族の家の家具の配置換え、模様替えなどもサポートできるようになります。

 

 

快適に家の中で過ごせるようになるには、家具の配置や向き、日光の入り方、窓の位置などを考慮する必要がありますが、何も知識がなかったとしたら、ただなんとなく置くだけで、満足のいくデザインにならない可能性があります。

 

このようなとき、インテリアデザイナー資格の知識が大いに役に立ってくれます。最初に、ものを買ってしまったり、家具をとりあえず置いたりして効率悪く部屋のデザインを決めるのではなく、最初に間取りを意識した家具デザインを考えて、人の動線、風の通りなども考慮して家具を完璧な位置に配置できるようになります

 

いちいち模様替えしなくても、掃除しやすいように、整然と家具を配置することによって、暮らしは少しでも快適になっていきます。風を通すだけで家の中のホコリがすっと飛んでいくような構造にすることで、家の中の清潔感も保てるようになって、掃除をするときの負担も減らせるようになります。

 

人の動線を考えておくことで、机の角に体、足をぶつけて怪我をしないように予防できるようになるため、特にこれは高齢者の家の場合は必須の知識となります。

 

家族の過ごしやすさも大切

女性の感覚だけで家具を選んでしまうと、家族の動きやすさや使いやすさに問題が起こることもあります。子どもがいる場合には、その子どもが机や椅子が高すぎて使いづらくなったり、男の子がいる家庭で女の子っぽすぎる家具ばかりにしていると、男の子が過ごしづらく感じてしまうこともあります。

 

 

子どもやパートナーの感覚に合わせるだけが全てではありませんが、みんなで共有して使うリビングのテーブルやカーテンは無難なデザインでありながらも、家の中の雰囲気を思い通りに出来る物を選びましょう。

 

女性に比べると男性の方が家具を雑に扱って、傷をつけたり、壊したりしてしまうことが多いため、机のカバーやソファーカバーはつけておかないとせっかくの高級おしゃれ家具もすぐにダメになる可能性があります。

 

家族で暮らしている場合、キッチンはみんなで共有することになりますが、包丁の位置、食器を一時的に干しておく場所、炊飯器や食器洗い機の置き場所なども家族が使いやすいようにしないと、子どもがお手伝いをしたときに使いづらくて怪我をすることもあります。

 

夫婦で一緒に料理をする場合にも、余計なものがキッチンにあると物を落としたり、すれ違う幅がなかったりする場合も作業効率が落ちてしまうので、物の配置、家具の置き方は注意するようにしましょう。

 

部屋ごとの目的とデザインを合わせてみて

インテリアデザインを考える時には、その部屋にどんな目的があるか決めてからデザインすると良いでしょう。ベランダへの大きめの窓がある場合には、洗濯物を出し入れする可能性があるため、その窓周辺に物を置かないで済むようにし、幼い子供が勝手に出入りできないようにする必要もあります。

 

 

少しおしゃれなマンションのお部屋であれば、リビングに近いところにそうした場所が用意されていることが多いため、洗濯物が部屋の中から見えないようにしたり、子どもが簡単に鍵を開けられないようにしたりする工夫があると良いでしょう。

 

寝室がある場合には、湿度や気温をコントロールしやすいようにエアコンをつけたり、クローゼットとベッドサイドの棚を活用したりできるようにすると快適になります。

 

寝室は寝ているだけの場所ではありますが、夫婦には2人だけの時間を過ごす場所にもなるので、空気清浄機、防音設備、ホコリを取りやすいマット、朝日光が差し込むようなベッドの向きにするなどして、少しでも快適に過ごせるようにするのが理想です。

 

玄関は人が通りやすいようにして、靴を脱ぎやすくて、出入りしやすくするのが良いでしょう。キッチンやバスルームなどにも過ごしやすいインテリアの工夫はあります。

 

このように各部屋の使い勝手を良くするためのにも、インテリアデザイナー資格講座を通して学んでみるというのも良いでしょう。

 

店舗やカフェのデザインもできる

インテリアデザイナー資格を取得することによって、私生活だけでなく仕事場でもその知識と経験を生かせるようになります

 

 

カフェやレストランに勤務している方の場合、カフェのデザイン、ソファーやテーブルの配置、カフェの中での人の動線、過ごしやすさエアコンの配置と風の通り方などを考え、最適なカフェのインテリアデザインを作り出せることが可能です。

 

さらに、スターバックスやタリーズのように行列ができやすいカフェの場合、行列ができたとしても店員やスタッフが指示しなくても自然とお店側が望んでいる方に並ぶように行列、並び列をコントロールすることも可能です。

 

レストランの場合は、あまり家具の配置を変更できない場合が多いのですが、机の形や椅子の大きさなどを最初のインテリアを考える段階で考慮できて、コストの節約、家具の大きさ、車椅子や目の見えない方への配慮、幼い子供が座る場合の配慮も前もって出来るようになります。

 

バリアフリーに対応することによって、そうしたお客様が必然的に訪れてくれるようになるので、対応できていて損はないでしょう。

 

もちろん、多くの方への配慮ができているレストランは、一般利用者からの評価も高く、常識レベルが高く、モラルあるお客さんが多く来てくれるようになるので、良いこと尽くしです。

 

トップへ戻る