においを残さないインテリアの工夫

においを残さないインテリアの工夫

においを残さないインテリアの工夫

消臭剤をデザインする

最も簡単なのは消臭剤でしょう。しかし市販の消臭剤をただそのまま置くだけではインテリアとはいえないため、液体やビーズなどの内容物を透明の瓶やケースに入れることで、インテリアを飾るアイテムとして置くことが可能になります。

 

においを残さないインテリアの工夫

 

使い終わったジャムやドリンクのガラス瓶にラベルを貼ったり、油性マジックで何かメッセージを書くだけで、とてもおしゃれな消臭剤のボトルが完成します。透明のガラスにカラフルな消臭剤を入れるだけで、見た目にも入る匂い対策のインテリアグッズが出来上がります。

 

みかんの皮やコーヒーの出がらしも消臭剤として機能するため、麻や綿の袋に入れてインテリアに飾るだけで、装飾と消臭の両方を一つに解決できます。

 

スターバックスの透明のコーヒーパッケージに消臭剤を入れることで、一気にカフェ風のインテリアを演出するようなアイデアも見られ、消臭剤の作り方ひとつでインテリアの雰囲気を作り出すことが可能です。

 

生ごみの保管場所の工夫

臭いを発しやすい他の原因は生ゴミでしょう。生活している以上どうしても発生する生ゴミは、特に夏場嫌な臭いの原因になりがちです。そこで、必ず蓋付きのゴミ箱に入れることや密閉できる状態に保管することで、においの原因を断てるようになります。

 

ゴミ箱もインテリアのひとつで、機能性もデザインも重要です。におい対策の一つとして、掃除の簡単さが挙げられます。掃除がしやすい事で頻繁に掃除することも容易になり、においの原因を無くし、常に清潔に保つことが可能です。

 

例えば、生ゴミを入れるゴミ箱はキャスター付きのものにし、ゴミ箱周辺の掃除をより簡単な状態に保つことで、汚れてもすぐに掃除できるように工夫します。

 

においを取り除くのは掃除そのものとはいえ、掃除のハードルを下げることで原因となるにおい対策を簡単にするのが狙いです。

 

消臭機能のある素材を利用する

最近では、壁紙やソファーの素材などに消臭機能を持たせた家具などもあり、におい対策としてインテリアに導入するのに理想的です。

 

ペットを飼っていらっしゃる家庭ではにおいを気にすることが多くなってしまいますが、インテリアに採用する物の素材を吟味することで、においが残らないインテリアを作ることが可能です。

 

通気性も重要です。風が通りやすい窓や部屋の向きに設計することで、匂いが発生してもすぐに風に乗ってどこかに行ってしまうようなインテリアが出来上がります。

 

最近の注文住宅は、基本的に風通しや日当たりに最大限考慮しているため、においが残りにくいインテリアとなっています。素材や窓のデザインひとつでにおいを取り巻く環境が変わるため、風通しや素材にも吟味を重ねていきましょう

トップへ戻る