インテリアデザイナー資格の完全攻略まとめ

レストランとインテリア

レストランとインテリア記事一覧

レストランで掃除しやすいフロアデザイン

デザインコンクリートデザインコンクリートは、掃除がしやすいフロア素材の代表です。ただのコンクリートとは違い色がついておりおしゃれであるため、飲食店や販売店の床に採用される例が多く見られます。ペンキを塗りなおすのも容易であるため、メンテナンスが比較的手軽なのもメリットです。デメリットは、フローリングやビニールを張るようなデザイン性の自由がそれほどないことで、基本的には単色のコンクリートか、押し型で模...

スタッフの動きやすい店舗デザイン

動線を知る店舗のデザインを設定するには、お客様の心地よさだけでなくそこで働くスタッフの動き、つまり動線を把握したデザインをしないといけません。スタッフが働きやすくなるには、業務内容を理解した店舗デザインが必要です。その店舗の扱う業務や、採用されるスタッフ、さらにはどの業務を扱うスタッフがどのフロアにいるかなども考慮して動線を計算します。スタッフがテキパキと働く店舗は、お客様の目線から見ても好ましい...

衝突を防ぐインテリアデザイン

動線を計算する衝突を防ぐためには、その建物の中で人がどのような動線を最も使用するかを把握する必要があります。インテリアデザインも家具の配置も、目的とする場所に行くまでに最短距離で到達できるように設計することで、効率的な動線を生み出すことが可能になります。右へ左へと何度も曲がらなかったら目的の場所にたどり着けないようなデザインや、迂回するような無駄のある動線を設計してしまうと、どうしても衝突やぶつか...

においを残さないインテリアの工夫

消臭剤をデザインする最も簡単なのは消臭剤でしょう。しかし市販の消臭剤をただそのまま置くだけではインテリアとはいえないため、液体やビーズなどの内容物を透明の瓶やケースに入れることで、インテリアを飾るアイテムとして置くことが可能になります。使い終わったジャムやドリンクのガラス瓶にラベルを貼ったり、油性マジックで何かメッセージを書くだけで、とてもおしゃれな消臭剤のボトルが完成します。透明のガラスにカラフ...

混雑に負けないインテリアデザイン事例

エントランスを工夫する混雑が最も現れるのは、エントランスのデザインでしょう。出入り口は人が最も通るため、どうしても混雑しがちです。店舗のデザインなどでは、入口から店内が見えやすくするように設計することで、出入り口で立ち止まって混雑が発生するのを緩和します。これにはデメリットもあり、入り口付近や窓際にいるお客様は視線が気になって落ち着かないということもあります。そのため窓際には植木やディスプレイ、ガ...

トップへ戻る