諒設計アーキテクトラーニング「インテリアデザイナー」資格講座

諒設計アーキテクトラーニング「インテリアデザイナー」資格講座

諒設計アーキテクトラーニング「インテリアデザイナー」資格講座

諒設計アーキテクトラーニングの「インテリアデザイナーW資格取得講座」とは

諒設計アーキテクトラーニングでは、インテリアデザインや家具のデザインに関する民間資格を取得できるよう二つの講座を準備しています。

 

諒設計アーキテクトラーニング「インテリアデザイナー」資格講座

 

どちらも日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「インテリアデザイナー」と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「インテリアアドバイザー」の二資格の取得を目指します

 

コースは通常の「インテリアデザイナーW資格取得講座」と「スペシャル講座」の二つで、それぞれ59,800円(税抜き)、79,800円(税抜き)となっています。

 

どちらも分割払いが可能で、標準講座は3,300円の20回払い(初回時のみ4,276円)スペシャル講座の方は3,800円の24回払い(初回時のみ3,891円)となっています。

 

添削課題は通常講座の方で5回、スペシャル講座の方で6回付属しており、理解度を確認しながら学習を進めることが可能です。

 

講座の内容

諒設計アーキテクトラーニングの講座の特徴は二つの資格を一度の受講で取得できる点にあります。

 

どちらもインテリアデザインや家具に関する資格ですが、インテリアや家具をデザインする上で求められる要素やデザインの手法、デザインをする基準となる往来の家具やインテリアの再設計の方法、模型や3Dソフトを使用したインテリアデザインのシミュレーションの方法、寝具や照明、オフィスや事務所で用いられる備品の設計、色の仕組みや影響などについても学びます。

 

多様化する現代のライフスタイルに対応できるインテリアの設計スキルを学び、専門知識をその空間で過ごす人の快適性のために利用することにより、顧客に適したインテリア空間を提案するアイデアを身につけます。

 

室内の仕組みは名称だけでなく、椅子やテーブルなどの家具の構造や名称に関する知識も学ぶ講座となっています。

 

試験免除の特典を生かそう

この通信講座で特筆すべきは、試験免除の講座があることです。スペシャル講座がそれにあたりますが、この講座は資格を発行する各協会が認定する通信講座であるため、卒業資格の合格と同時に試験を合格したものとみなされます

 

講座の内容全般に関して専門の講師に回数無制限で質問することも可能で、通信講座ゆえに万が一内容が理解できずに行き詰ったとしても、サポートを仰いで学習を続行することが可能です

 

講座の内容も、専用のテキストから練習問題、模擬試験と解答集など試験や卒業課題に備えるサポートが充実しており、資格まで十分知識を蓄えてたどり着くことができるでしょう。

 

一つの講座を受講するだけで二つの資格に一気に近づけるのが諒設計アーキテクトラーニングの講座です。

 

インテリアデザイナー W資格取得講座

トップへ戻る