【概要まとめ】インテリアデザイナー資格講座の受験資格とかかる費用

【概要まとめ】インテリアデザイナー資格講座の受験資格とかかる費用

【概要まとめ】インテリアデザイナー資格講座の受験資格とかかる費用

講座や試験に必要条件はない

インテリアデザイナーやアドバイザー資格を取得するにあたって、必要となる資格や条件はありません。これは主に民間資格であるからということと、基本的にインターネットで受験できる在宅受験が採用されているからだと言えます。

 

【概要まとめ】インテリアデザイナー資格講座の受験資格とかかる費用

 

試験を受けるのに20歳以上などの年齢制限を設けているところもあるようですが、資格の内容がアルコールに関するものであるなど法的に成人であることを要求するものである場合に限られるようです。

 

それ以外はおおむね受験資格は特になく、インターネットで申し込む事で、誰でも受験することが可能です。もちろん、試験に合格するには対応できる知識や思考力が求められます。

 

インテリアの基本的なデザインを構成する要素に関する知識が問われるだけでなく、色の理論や仕組み、照明や素材の違いが生み出すインテリアの雰囲気をトータルでコーディネートできるデザインセンスを学ぶ必要があります

 

おすすめの資格はこれ!

おすすめするのは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「インテリアデザイナー」と「インテリアアドバイザー」の二資格です。どちらもインターネットからのみの申し込みとなりますが、受験資格が特になく在宅受験で済むというメリットがあります。

 

受験費用はどちらも10,000円(消費税込み)で、試験は二か月ごとに開催されています。試験を申し込むと、公式サイトでアナウンスされている指定の期間に解答用紙が送られてきて、一週間以内に回答を記入して返送すると受験完了です。

 

70パーセント以上の評価を受けると合格となります。どちらの資格も同じ協会が発行していますが、試験は別々に受ける必要があります。

 

通信講座で効率よく取得しよう

直接自分で申し込んで試験を受けるのが面倒な方でも、諒設計アーキテクトラーニングやSARAスクールジャパンが提供している通信講座を利用することで体系的に学習を進められるでしょう。

 

どちらも前述の二資格を取得の対象としており、カリキュラムに沿って学習を進めるだけで自然と試験の対策ができます。

 

そしてどちらもスペシャル講座やプラチナコースといった試験が免除される講座を揃えており、確実に資格を取得したい方やどうしても試験に自信が持てない方には非常におすすめです。

 

価格はそれぞれ通常の講座が59,800円(税抜き)、スペシャル講座やプラチナコースが79,800円(税抜き)となっています。

 

試験免除の講座は価格が上がるものの、確実に資格を取得できるメリットと受験の手間が省けることを考えると、価格相応のメリットがあると言えます。

 

インテリアデザイナーは、最新の情報やトレンドに精通するだけでなく伝統的なデザインや家具の基本的な構造を理解している必要があります。

 

講座による体系的な学習は、広い分野の知識が求められるインテリアデザインにおいて効率を高めるものとなります。

 

インテリアデザイナー W資格取得講座

トップへ戻る