インテリアアドバイザー(JDP)

インテリアアドバイザー(JDP)

インテリアアドバイザー(JDP)

インテリアアドバイザーとは

インテリアアドバイザーとは、日本デザインプランナー協会(JDP)が発行している民間資格で、インテリアデザインや家具の構造だけでなく、主に色や素材を含めた空間のコーディネートに関する知識を有する方に与えられる資格です。

 

インテリアアドバイザー(JDP)

 

公式サイトから直接受験の申し込みをすることが可能で、受験資格は特にありません。在宅受験となり、申し込み後試験が開催される時期に自宅へ回答用紙が送られてきます。

 

これに指定の期間以内に記入し、郵送で送り返します。70パーセントの評価を受けると合格となり、合格証が送られてきます。試験期間は通常一週間で、この間に記入を済ませて送り返す必要があります。

 

試験は二か月ごとに開催されているため、期間を調べて申し込まなかったら最大二ヶ月待つことになるため注意してください。受験料は10,000円(消費税込み)で、前述のように申し込みはインターネットからのみとなっています。

 

試験で問われる内容

この資格ではインテリアデザインや家具のデザインに必要な技能や知識だけでなく、ライフスタイルや顧客のニーズに合わせたインテリア空間や家具を提案するコーディネートスキルが問われます

 

家具に使用される素材や色にまつわる効果、見栄えのする組み合わせなどを柔軟に考える能力が必要です。インテリアアドバイザー資格を取得すると、カルチャースクールや講演会などでの講師活動を行える可能性があります。

 

家具の販売店での業務や住宅販売の営業などにも活かせるでしょう。すでに建築やインテリアデザインの職業に従事されている方でも、民間資格という明確なタイトルを身につけることで、活躍の場を広げたり新たな分野に挑戦するための足がかりとして利用することもできるでしょう。

 

インテリアデザイナーと違い、住宅や家具の販売店や営業、接客業などの分野で活躍が期待される資格です。

 

インテリアアドバイザーには色の知識の必要

色は非常に複雑な要素で、人の感情や行動パターンにも影響を与える力を持っています。色を変えるだけで商品の販売成績が上がったり、会社の業績を向上させるなどの実例も数え切れないほど報告されています

 

色は、赤青黄色などのカラフルと表現される有彩色と、白と黒の無彩色に分けられます。さらに有彩色の中でも、前述の赤青黄色は三原色で呼ばれ、世の中に存在するほとんどの色はこの三原色を混ぜ合わせることで作られています。

 

そして色相環と呼ばれる色の順番があり、これによって穏やかな印象を与える暖色系や集中力を向上させる寒色系などに分類することができます。色にはトーンも関係しており、色の明るさや鮮やかさが変化することでさらに異なった印象を与えます。

 

インテリアのコーディネートを考える上で、色に関するこれらの微妙な要素はそこで時間を過ごす人の印象や気分を左右します

 

インテリアアドバイザー資格

トップへ戻る