効率的に空間を使うための豆知識

効率的に空間を使うための豆知識

効率的に空間を使うための豆知識

収納を工夫する

狭い場所の空間を最大限効率よく利用するには、相応しい収納を設けることが必要です。ものが多かったり、掃除が面倒という方は少なくないはずです。

 

効率的に空間を使うための豆知識

 

しかしふさわしい収納に効率よく物を収めることで、狭いスペースでも空間を大きく使うことができます。

 

それぞれのものに適したぴったりの収納を作ることも一つの方法ですが、基本的には何にでも対応できる万能な収容がいくつかある方が、生活スタイルや物が変わっても引き続き空間を効率よく使うことが可能にします。

 

収納があって物が外に出ていない方が掃除する際にも片付ける必要がなく、効率的で早く済ませられます。

 

家具を置くのであればできるだけデッドスペースを作らないようにし、壁際に寄せてフリーなスペースを大きく取れるようにすることで、空間効率を最大にすることができます。

 

スタート地点を見つける

その部屋や空間での一番の活動拠点がどこかを考えることで、空間の効率を上げるアイデアを生み出すことが可能です。これは部屋が狭くても形が独特な場合でも共通するポイントで、その拠点をベースに動線を計算します。

 

これには生活スタイルを考慮することや、部屋に入る際の自分の動きをシミュレーションすることが関係しています。

 

ワンルームで設計する際でも、一つの部屋をリラックスする場所や寝る場所、食事や作業するスペースに分けて考えることで、的確なインテリアデザインを設計できるようになるでしょう。

 

その部屋に住むのはどんなライフスタイルを持つ人か、どの時間帯にどんなアクティビティを持っているかも関係しています。それによって効率的なインテリアをデザインする上でのスタート地点が見えてきます。

 

詰め込み過ぎは逆効果

その空間に何もかも詰め込めば空間効率が向上するというわけではありません。この辺りはデザイナーのコンセプトにも関わってきますが、一般的に、あまりに狭いスペースに多くを詰め込みすぎると、無駄なく使えるものの煩雑で複雑なデザインに感じてしまいます。

 

それよりも使いやすさや利便性を考慮した効率を考案すべきでしょう。

 

なんとか使えるものにしようと詰め込むのではなく、ある程度の限界や現実性を考慮した上でできるだけコンパクトにまとめるようにすると、狭い空間でも快適に使用できるインテリアデザインとなるでしょう。

 

空間効率はデザイナーの永遠のテーマですが、工夫を凝らして全てのデザインを楽しみましょう

トップへ戻る