人間工学の基本と快適に使える家具デザイン

人間工学の基本と快適に使える家具デザイン

人間工学の基本と快適に使える家具デザイン

人間工学と家具

人間工学とは、人体の生理的また物理的特性に応じた設計を行う工学で、家具やインテリアに適用することで人が快適に住むことを可能にします。

 

人間工学の基本と快適に使える家具デザイン

 

家具や道具を使用する際に、操作性を高め無駄な動きを無くすことで、快適に使えるだけでなく無用な事故や怪我を減らすこともできます。

 

人体工学を取り入れた家具としては、椅子やベッドなどのアーゴノミー系家具と呼ばれる人体を直接支える家具があります。椅子などを例にするとわかりやすいですが、人間工学的観点からして適していない椅子は、座っていて体を痛めたり不快な状態をもたらします。

 

これに対し、人間工学的に優れたデザインを採用する椅子は快適で、不適切な姿勢を矯正したりよりリラックスさせるような効果さえもたらします。こうしたことを支えるのが人間工学の知識です。

 

使いやすさに影響

直接人体を支える家具に対し、直接体を支えることはないものの、人体が触れる家具の事をセミアーゴノミー系家具と呼びます。テーブルやカウンターなどがこれにあたり、人間工学はこれらを使用する際の快適性や利便性に寄与します

 

使いやすいテーブルは学業や仕事の効率を向上させ、食事やおしゃべりなどの時間の快適さを左右します。これには高さや形状などが含まれており、人が座った状態や手を伸ばした状態で使いやすいか、などが考慮されます。

 

ちょうどいい高さのカウンターや物を置いたりとったりしやすいサイズのテーブルは、日常生活の何気ない場面でストレスなく使用できるかどうかに関係してきます。

 

こうした点がよく考慮された家具は、一見普通に見えるものの使い込んでいくうちに生活の一部になったかのような使い心地を提供します。

 

ビジネスでも非常に重要な要素

これはビジネスの世界においても同様で、人間工学がオフィスなどの仕事場における仕事環境を形作り、顕著な場合は仕事の効率にまで影響します。

 

ビジネスの世界では椅子の持つ影響力が非常に大きいことが知られていますが、椅子のデザインに関し徹底的に人間工学を当てはめることで、快適で体に負担をかけず仕事に集中しやすい環境を作ることが常に研究されています

 

座ったときには「坐骨結節点(おしりの骨が座面に当たる位置)」と呼ばれる点を基準に椅子が設計され、目の高さや肘の位置もこの点を基準に計算されます。

 

そのため、椅子全体のフォルムや前後左右の寸法はこの点を土台として設計されます。顎と肩を含めた身体全体の姿勢がより自然で負担がかからないよう、長時間の使用を前提とした設計が基本です。

トップへ戻る