家具のデザイン・設計にパソコンは必須

家具のデザイン・設計にパソコンは必須

家具のデザイン・設計にパソコンは必須

修正しやすい

家具を作るには当然設計図が必要です。昔は全て手書きで行われていましたが、現在でも手書きにこだわるという人は少なくなっています。

 

家具のデザイン・設計にパソコンは必須

 

特に、無料の設計ソフトが手軽にダウンロードできる現代では、家具の設計にパソコンを使うメリットが多くあり、ほぼ全てのデザイン会社でパソコンによる設計が採用されています

 

パソコンを使う最大のメリットは、修正の簡単さでしょう。どんなに単純な家具でも、設計段階で何度も手を入れるのが普通です。

 

デザイン自体の工夫や、設計図を書いているうちに気づくミスや修正点などを直しなつつ、製品の最終的なデザインの決めていきます。

 

そのため、紙とペンで書いて消すのが難しい手書きより、クリック一つで消去し何度でも書き直せるパソコンでの設計の方がはるかに大きなメリットを持っています

 

効率が上がる

中には手書きの方が直感的に設定できて、慣れた職人さんの手をもってすることで、正確で速く書き上げることができると思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしパソコンの作業に慣れてしまうと、手書きの速度をはるかに上回る設計が可能になります。特にパソコンの起動修正などの機能により、経験を積んだ職人さんでなくても綺麗に設計図を書くことができるというメリットは、人材を雇い訓練するという意味でも有利です。

 

データとして保存し、クリックひとつで呼び出し印刷するのも一瞬で済むため、仕事の効率という意味でもパソコンを使ったインテリアデザインはもはや不可欠なものになっています。

 

設計図をPDFファイルやJPEGファイルにしてすぐに送信することが可能なため、設計図を共有したり会議などで話し合う際にもやはり効率的です。

 

ソフトの使い方に精通する

現在では、家具を設計する3Dソフトも無料で手に入るため、ますますパソコンを使ったデザインの優位性が高まっています

 

専用のソフトを使うことで、設計した家具の組み立てをシミュレーションすることもできるため、手書きの設計図を制作現場に持ち込んで一度実物を組み立て、仕上がりを確認するという手間を大幅に省くことが可能です。

 

ソフトの使いやすさも向上しており、簡単に3Dで家具を組み立て、回転させて全方位から仕上がりやシルエットを確認することができます。

 

プロ向けのより高度なソフトでは、素材のマッチングを確認したり簡単に仕様を変更することも可能です。こうしたメリットを持っているため、インテリアデザインを学ぶことは設計ソフトの使い方を学ぶこととほぼ同義になっています。

トップへ戻る