3Dモデリングソフトでインテリアを作ろう

3Dモデリングソフトでインテリアを作ろう

3Dモデリングソフトでインテリアを作ろう

モデリングソフトの魅力

3Dモデリングソフトを使う事で、インテリアのシミュレーションも簡単に行うことが可能です。CADと呼ばれる設計ソフトが一般的ですが、CADの扱い方にはそれなりの経験が必要です。

 

3Dモデリングソフトでインテリアを作ろう

 

それに対し、3Dパースと呼ばれる専用のソフトはより難易度が低く、CADの知識がなくても3Dの設計図を作成することが可能です。

 

簡単にインテリアのアイテムを追加したり取り除いたり、照明の当たり方を変化させることも可能で、インテリア全体をコーディネートする上で非常に強力なツールです。

 

例えば、お客様との商談中に要望に応じてその場でインテリアを変更したり、好みに合わせて新たな提案を一瞬で図に落とし込むことができます。

 

インテリアの設計は常に実際の仕上がりを意識しなければなりませんが、3Dモデリングソフトを使うことでその場で実際の仕上がりや組み上がりを目で確認することが可能になります。

 

間取りから家具配置まで簡単

様々なソフトがありますが、概ね共通しているのはまず間取りを作成することです。一軒家でも店舗でも、土台となる全体の間取りを作成しましょう。

 

ソフトによっては建具や家具、照明を自動配置し、いくつかの選択肢の中から簡単に変更することが出来るようになっています。テンプレートを作成し、いくつかのプランのバリエーションを素早く切り替えることなども可能です。

 

パーツを並べることや複数を一列に配置することなども簡単で、細い仕様やデザインも手軽に設定できます。作業の効率化が進むため、インテリアのデザインそのものに集中力を割くこともできて、仕事の効率を飛躍的にあげることに寄与します。

 

面積や使用する素材の費用などもすぐに計算できて、予算を出す手間も省くことが可能です。

 

家が完成したシミュレーションも

ソフトによっては、3Dモデルを三次元DXF形式で書き出し、一般的に普及しているCADソフトとの連携を図ることもできます。 基本設計図の下絵や敷地の設計も簡単で、二次元ファイルを下絵として3Dファイルに組み込むことも可能です。

 

既製の建具やパーツの追加、オリジナルの建具や家具の設計も簡単で、扉や窓の仕様も非常に簡単に変更できます。

 

扉の素材感や取っ手や鍵穴などのデザイン、窓やサッシのデザインも変更できて、カーテンの素材の色も一瞬でシミュレーションできます。

 

壁の収納を自由に追加したり、モールディングや装飾も簡単に表現できます。玄関周りや庭のデザインまで対応しており、実際に家が建った状態を3Dモデルで確認することができるのは非常に大きなメリットです。

トップへ戻る