インテリアデザイナー資格の完全攻略まとめ

パソコンで設計しよう

パソコンで設計しよう記事一覧

家具のデザイン・設計にパソコンは必須

修正しやすい家具を作るには当然設計図が必要です。昔は全て手書きで行われていましたが、現在でも手書きにこだわるという人は少なくなっています。特に、無料の設計ソフトが手軽にダウンロードできる現代では、家具の設計にパソコンを使うメリットが多くあり、ほぼ全てのデザイン会社でパソコンによる設計が採用されています。パソコンを使う最大のメリットは、修正の簡単さでしょう。どんなに単純な家具でも、設計段階で何度も手...

3Dモデリングソフトでインテリアを作ろう

モデリングソフトの魅力3Dモデリングソフトを使う事で、インテリアのシミュレーションも簡単に行うことが可能です。CADと呼ばれる設計ソフトが一般的ですが、CADの扱い方にはそれなりの経験が必要です。それに対し、3Dパースと呼ばれる専用のソフトはより難易度が低く、CADの知識がなくても3Dの設計図を作成することが可能です。簡単にインテリアのアイテムを追加したり取り除いたり、照明の当たり方を変化させるこ...

人間工学の基本と快適に使える家具デザイン

人間工学と家具人間工学とは、人体の生理的また物理的特性に応じた設計を行う工学で、家具やインテリアに適用することで人が快適に住むことを可能にします。家具や道具を使用する際に、操作性を高め無駄な動きを無くすことで、快適に使えるだけでなく無用な事故や怪我を減らすこともできます。人体工学を取り入れた家具としては、椅子やベッドなどのアーゴノミー系家具と呼ばれる人体を直接支える家具があります。椅子などを例にす...

効率的に空間を使うための豆知識

収納を工夫する狭い場所の空間を最大限効率よく利用するには、相応しい収納を設けることが必要です。ものが多かったり、掃除が面倒という方は少なくないはずです。しかしふさわしい収納に効率よく物を収めることで、狭いスペースでも空間を大きく使うことができます。それぞれのものに適したぴったりの収納を作ることも一つの方法ですが、基本的には何にでも対応できる万能な収容がいくつかある方が、生活スタイルや物が変わっても...

空間の余裕がインテリアには欠かせない

物を置かない空間に余裕を持たせることは、気持ちの上でも余裕をもって生きるために必要です。何かとストレスの多い現代社会では、一般家庭やオフィスでも最大限の効率が追い求められがちです。しかし、アメリカやヨーロッパの住宅デザインを見ると顕著ですが、「何かを飾る」「何かを楽しむ」ためのスペースが設けられていることが普通です。これは一見無駄で非効率的なように見えますが、そうした余裕を持たせることで空間の利用...

リフォームデザインを任された時にやること

理想よりも優先順位を確認するリフォームに取り組む際には、目的を明確にすることが重要です。リフォームによって家の雰囲気が大きく変わるため、夢や想像が膨らんでしまいがちです。しかし、リフォームによって何を最優先するのか、どの箇所をリフォームすべきなのかを何度も考え、優先順位のリストを作ることでリフォームでの失敗を避けることができます。現状の改善点だけでなく、将来的なライフスタイルや変更も見据えたリフォ...

トップへ戻る