IoTやスマートスピーカーを使う場合のインテリアデザイン

IoTやスマートスピーカーを使う場合のインテリアデザイン

IoTやスマートスピーカーを使う場合のインテリアデザイン

IoTが変えるインテリア

IoTを採用したインテリアは、配置や組み合わせのアイデアが大きく変わる場合があります

 

IoTやスマートスピーカーを使う場合のインテリアデザイン

 

例えば、最近スピーカーを内蔵したテーブルが発売されています。これにより、テーブルとスピーカーを別々に考えることなく、それらを一つにまとめて勝つ別々の目的のために使用することが可能になります。

 

スピーカーをインテリアのデザインとして考える必要がなくなり、テーブルを配置するだけでスピーカーの配置ができることになります。

 

これはIoTをインテリアに採用した一例ですが、家具が全く違うジャンルの機能を果たすことで、既成概念として捉えていた物の配置やイメージが大きく変わります

 

これは利便性において強みがあるだけでなく、スピーカーやテーブルの用途といった概念そのものを変え得る発明です。

 

実際的なメリット

家の扉を例にとると、扉にセンサーや通信機能を持たせることで開錠や外出の有無を確認できて、防犯や思わぬ事態の一速い察知につながります

 

高齢の親が暮らす家に導入して、約束の日に外出していないことをスマートフォンで知り、無事かどうかを確かめるためすぐに連絡するなどの用途や、オーナーが不在でも許可した人にだけ入室できるような開錠システム取り付け、約束事や安否の確認に応用している例が見られます。

 

実際に、急な体調不良や海外での生活におけるトラブルで、IoTに対応したドアのおかげでトラブルを未然に防いだり事なきを得たりした例が報告されています。

 

これらは、インターネット通信を利用した物の機能と人の利便性をつなぐ一つの例に過ぎません

 

スマートスピーカーの驚くべき機能

スマートスピーカーの場合、リビングに一つ置くだけで音楽や天気を知ったり、幾つかのニュースを確認したりすることもできます。

 

特定のインターネットサービスと連携し、曲名を尋ねるだけでどのアーティストのどの曲かを教えてくれたり、話しかけて天気を聞くと教えてくれます 。

 

「朝の支度」と話しかけるだけでニュースや天気を自動で読み上げたり、インターネットサービスにつないで買い物をしたりすることも可能です。

 

もはやスピーカーがリビングに一つあれば、テレビを見る必要も音楽を検索する必要も、さらにはインターネットショッピングをパソコンで行う必要も無くなろうとしています。

 

寝室に置くことで、話しかけてアラームをセットし、設定した時間に指定した音楽は音を鳴らすことも、予定を尋ねて、データを入力したドライブと接続していく予定を読み上げることも可能です。

トップへ戻る