家庭が明るくなる照明の選び方とIoT

家庭が明るくなる照明の選び方とIoT

家庭が明るくなる照明の選び方とIoT

IoTとは

IoTとは“Internet of Things”の略称で、インターネットを介してセンサーやモーターなどをコントロールし、機器の調子や状態を通知する機能やシステムの総称です。

 

家庭が明るくなる照明の選び方とIoT

 

物がインターネットでつながるため、ネットワークを通して家の中の家具や機器を管理することが可能になっています。照明に関して言うとすれば、スマートフォンを通じてオン・オフや強さをコントロールしたり、写真から抽出した色を照明に反映させることが可能です。

 

例えば、家族で旅行に行った際に写真を撮り、家に帰ってから写真のイメージを照明に反映させて、家族で思い出を楽しむなどの利用方法が採用されているようです。

 

GPSと連動して、家に近づくだけで照明を点灯させたり、音楽とシンクロさせて照明を光のアクセントとして使うなどの技術もあります。

 

実際のメリット

家庭に導入するメリットとして、高齢者を見守るためのツールとしても使うことが可能ということが挙げられます。例えば、トイレの照明と点灯時間を通知するアプリを連携させ、長時間点いている際に異常として素早く知らせるなどの機能が開発されています。

 

これにより、高齢者の家族をすぐそばで見守れない場合でも、異常が発生した際にすぐに駆けつけることが可能なります。

 

照明そのものの中にWiFiモジュールやセンサーを組み込むことで、余計な機器を目に見える範囲追加せずに済み、実際に住んでいる人が監視されていると感じるような不安や負担を軽減するという、心理的にも優しいメリットがあります。

 

WiFi環境が必要なため、月額費用が発生するというデメリットがあるものの、こうしたツールが必要な家庭には強力なサポートになるでしょう。

 

照明の与える影響は大きい

照明には、心理的な影響を与えるほどの強い影響力があります。色味や光の強さ、光そのものの存在が、私たちの気分を左右することがあるのです。

 

インターネットやセンサーでスマートフォンと繋がり、それらを有益に作用させることが可能です。

 

一例として、アラームと連携して設定した時間に最大光量で点灯させたり、特定の曜日や時間に穏やかな光量と温かい色味の照明にすることで家をリラックスできる環境に整えたりするなど、照明による生活リズムのコントロールも可能です。

 

さらには、外出先からインターネットを通じて点灯状態をコントロールすることで、空き巣対策という実際的な防犯アイテムにもなります。 コントロールも複雑ではなく、専用のアプリをダウンロードするだけで済むなど、導入が簡単なのもメリットの一つです。

トップへ戻る