カフェ外観に合わせたインテリアの重要性

カフェ外観に合わせたインテリアの重要性

カフェ外観に合わせたインテリアの重要性

エクステリアとイメージ

カフェの多くはイメージで人気が分かれます。多くの人はおしゃれと感じさせるか、居心地がいいかなどを重視してカフェを選びます。それは外見から始まります。

 

カフェ外観に合わせたインテリアの重要性

 

機能的でモダンな外見は、最新でスタイリッシュなインテリアをイメージさせるからです。逆に木やレンガを使ったエクステリアのカフェは、家庭的、アットホームといったイメージを連想させます。

 

外見のイメージを引き継ぐインテリアは、お客様が来店する際の心構えや気分を盛り立てるのに有効です。イメージ通りのインテリアが広がっていると落ち着ける空間となり、店内の雰囲気に早く馴染んでもらえるでしょう。

 

逆にエクステリアとインテリアの内容に関連が無いと、どこかちぐはぐしたような印象を与えてしまいかねません

 

目的で変化する客層

エクステリアのイメージは、カフェに入る目的とも関連しています。例えば食事後の休憩にカフェに入る時、一仕事するためにノートパソコンを抱えてカフェに入る時、食べ物をつまみながらお茶したい時で、それぞれ目的とすることは違います。

 

食事後の休憩タイムには、リラックスできる空間として低めのテーブルやソファーを選ぶはずです。逆にパソコンなどを使用して仕事する場合は低いテーブルでははかどらず、膝よりも高いテーブルを選ぶのが普通です。

 

食事も兼ねてお茶したい時は食事しやすいテーブルを選ぶなど、カフェに入る目的別に必要となるインテリアも異なってきます。そして多くは外見でカフェの中を判断するものです。

 

そのため、エクステリアのイメージを違和感なく引き継ぐインテリアが重要です。中がイメージと違うと良くない意味で意外性を感じ、入店しようとしたものの帰ってしまったり、目的とする環境がなく軽めの注文で終わらせてしまったりすることすら考えられます。

 

ターゲットを明確にしたインテリアが重要

外国と比較してみると、カフェが生活の一部になっているフランスではそれほどカフェへのこだわりは見られません。コーヒーを楽しみふらっと立ち寄ったら帰るのがフランス流です。

 

犬の散歩で立ち寄ったり、エスプレッソを飲むと仕事に出かけていく人などコーヒーを飲むための場所という色が濃く出ています。それに対し、日本のカフェは、仕事や会話のために長居したり、勉強や読書のための利用などコーヒーを飲む以上の付加価値を求める人が多く、これはこれで日本独自のカフェ文化の発展を遂げていると言えます。

 

そのような目的や客層をイメージしたうえで、インテリアとエクステリアを仕上げていくことが重要です。

トップへ戻る