トイレが汚れにくくなるデザイン例

トイレが汚れにくくなるデザイン例

トイレが汚れづらくなるデザイン例

広さを考える

トイレが汚れてしまうのは避けられませんが、掃除しやすいようなデザインを採用することで、清潔さを演出したりメンテナンスを容易にすることが可能です。よくあるのは「狭くて掃除しづらい」というものです。

 

トイレが汚れにくくなるデザイン例

 

掃除が快適にできるかどうかも衛生状態に影響します。広くて簡単にモップや掃除機を通せるトイレは掃除のハードルも低く、簡単に済ませられます。便器を磨くのも一仕事ですが、手が入りやすくすぐに届くようにする事で、掃除は非常に簡単に行えるようになるでしょう。

 

そういった要素を考慮して、新築でトイレの設計に悩んでいらっしゃる方は、出来るだけ広めのトイレになるように設計してみてください。広さが変わるだけでこんなに快適性も変わるのかと驚かれるかもしれません。

 

もちろん、あまりに広すぎるトイレは不安になることもあるので注意が必要です。

 

便器のデザイン

トイレと言えばやはり便器ですが、最近では凹凸が少なく掃除しやすいデザインのものが人気を博しており、それもトイレの清潔さを保つのに一役買ってくれるでしょう。

 

トイレ掃除の代表が“縁の折り返し”の掃除ですが、ここも平らなデザインを採用することで掃除しやすいように配慮されたタイプが増えました。トイレはデザインのオシャレさよりも実用性を取って選んだ方が後々後悔せずに済むでしょう。

 

便座の奥の掃除しにくい部分はどうでしょうか?これもフラットや一体型の台座のデザインを採用することで、一拭きで汚れを拭えるようにデザインされています。細かいところですが、掃除の際の手間はその後もずっと続きます。

 

出来るだけ一拭きや一回の手間で掃除が済むよう、シンプルで滑らかなデザインのトイレを選ぶと良いでしょう。

 

水垢や床材を考慮する

トイレの水垢も気にあるところですが、これは最近主流の“渦巻きタイプ”の便器でかなりの程度改善できます。

 

往来は、便器の内側上部に設けられた穴から真下に水が落ちていましたが、渦巻きタイプは横に水流を飛ばして渦を巻くように全体を水が走るため、一か所だけを水が頻繁に通るということがありません。

 

さらに床にも目を向けると、やはり汚れが落ちやすい素材やコーティングが行われているものを選ぶべきでしょう。木目調など柄も豊富なデザインから選べるようになっており、比較的デザインには困らないのが最近の床材です。

 

トイレ専用の床材もあり、掃除のしやすさも向上させられます。一枚一枚の面積が大きく、隙間に水や汚れが侵入する確率を減らせるようにも考慮されています。

トップへ戻る