キッチンが過ごしやすくなるアイデア

キッチンが過ごしやすくなるアイデア

キッチンが過ごしやすくなるアイデア

キッチンのデザインを知る

良いキッチンを考える上で、重要なのはワークスペースのデザインです。蛇口やコンロを置くワークスペースのデザインは、新築を計画するうえで最も悩む部分の一つでもあります。

 

キッチンが過ごしやすくなるアイデア

 

キッチンにはレイアウトがあります。壁にすべて接している「I型」、角の部分を利用した「L型」、コの字に囲んで周りの収納スペースを増やせる「U型」、そして対面式で壁に片側一面だけが接している「ペニンシュラ型」、壁に接することなくワークスペースが完全に独立している「アイランド型」です。

 

最近よく見られるのはアイランド型で、どこも壁に接していないため解放感が高く、左右どちらからでも入れるというメリットがあります。

 

半面収納を別の場所に設ける必要があり、食器や調理器具が多い場合は壁の収納に取りに行かなかったらならないというデメリットもあります。キッチンでどのような時間を過ごしたいかを考えると、どのデザインが最も適しているかが見えてくるでしょう。

 

調理台の高さは重要

調理台の高さも重要なポイントです。調理台の高さは身長と関係があります。一般的に、コンロや水道は85センチの高さにあるよう設計されますが、これは身長175センチ以上の方には低くて作業しづらい環境です。

 

逆に90センチに設定してしまうと、身長160センチ以下の方には背伸びしなかったらならない調理台となってしまいます。調理台の高さの調節は建設時にしか決められません。

 

キッチンで誰が一番時間を過ごすかを考慮する必要があるでしょう。「身長÷2+5cm」でおおよその高さが出せるため、最もよく利用する方に合わせて設計するのが無難です。

 

キッチンへの目線を遮るかどうか

また、キッチンへの視線も考える必要があります。近年よく見られる「調理台の手元が見えない」デザインは、ダイニングやリビング側から蛇口やコンロ周りを見えなくしてしまいます。

 

目視で確認しづらいという方もいらっしゃるかもしれませんが、調理後の道具や食べ終わった後の食器類を置いておいても見えないというメリットがあります。

 

そのため、お客さんを呼んで食事を作って、使い終わったものを置いておいてまずは一緒に食事を、という場面でも視覚的に片付いていないものが目に入らず、スッキリした印象を与えることが可能です。

 

デメリットは座った大人の目線を遮ることで、立たなかったらキッチンの要素を確認できない事でしょう。こうした要素も考慮してキッチンのデザインを決めていく事で、実際に使ってみてもストレスなく使用できるキッチンに仕上がるでしょう。

トップへ戻る