子どもの学習意欲が高まる家具配置

子どもの学習意欲が高まる家具配置

子どもの学習意欲が高まる家具配置

目に入るものを減らす

子供の集中力を上げるのは親にとって大きな課題です。勉強部屋の配置を工夫することで子供の学習力を向上させることが可能です。最も重要なのは勉強スペースに余計なものを置かないことです。

 

子どもの学習意欲が高まる家具配置

 

目に入るスペースに余計なものが置いてあると集中力が途切れがちになります。窓に向かって学習机を配置すると開放感があって気分が良くなりますが、やはり余計なものが目に入りやすいため、集中力が途切れがちになってしまいます。

 

机スペースとベッドスペースを分け距離もできるだけ離して置く事が理想的です。勉強するスペースには過度なデコレーションや物を飾ることも避けます。ソファーがあるとしたら視界に入らない場所に移すことで集中力を保てるようになります。

 

青を取り入れる

色も重要な要素です。集中力を高めるのは、やはり青系統の色です。カーテンや壁紙などに青色を採用することで、集中力が高まる効果を狙うことができます。しかし、全てを青色に統一する必要はありません。

 

カーテンだけを青色にする、あるいは勉強机が向かっている壁のみを青色にするなどの方法をとることで、アクセントとして青色が目に入り、集中力が向上することが期待できます。全体を青で統一してしまうと、寒さや寂しさが印象に残り、逆に落ち着かない部屋になってしまいます。

 

そのため一部に青が目立つ仕方で取り入れ、それが勉強机に向かっている際に目に入るようなインテリアを作ります。照明の色にも注意が必要です。黄色みがかった電球色の照明は、リラックスさせるのには効果的ですが集中力を削いでしまいます。

 

蛍光灯やLEDなどの白い照明を導入し、脳を活性化させる照明デザインにしましょう。

 

片付けやすさも重要

机のデザインも、平たくシンプルなものが最適です。収納がたくさんあったりこだわったデザインのものはおしゃれですが、集中力を削ぎやすいという意見が多く聞かれます。そして机周りが片付いていることも重要です。

 

散らかっているとどうしても集中しにくい環境になります。 綺麗に整頓されているとしたら、やはり目に入るものが少なくなり集中力を保てるようになります。そのため、机以外の場所に収納を設け、片付けが簡単になるようにする家具の配置も重要です。

 

片付けがしやすいといつも片付ける習慣が身につき、片付いている状態を保てるようになるため、机周りを集中しやすい環境にメンテナンスするのも容易です。

 

集中力を高めるのが重要で、短時間でもきっちり集中して勉強できるように家具の配置を整えましょう

トップへ戻る