インテリアデザイナー資格の完全攻略まとめ

自宅のインテリア

自宅のインテリア記事一覧

自宅リビングが快適になるインテリアデザイン

リビングでどのような時間を過ごすかリビングを快適にするには、目的をはっきりさせる必要があります。例えば、リビングのデザインにはダイニングと一体化しているものと分かれているものがあります。どちらが快適なのかは住む方のイメージや目的に寄るでしょう。一体型には移動がスムーズで、家族の団らんや大きなスペースで会話を楽しめるというメリットがあります。これに対し分かれているタイプはダイニングとリビングの目的が...

トイレが汚れにくくなるデザイン例

広さを考えるトイレが汚れてしまうのは避けられませんが、掃除しやすいようなデザインを採用することで、清潔さを演出したりメンテナンスを容易にすることが可能です。よくあるのは「狭くて掃除しづらい」というものです。掃除が快適にできるかどうかも衛生状態に影響します。広くて簡単にモップや掃除機を通せるトイレは掃除のハードルも低く、簡単に済ませられます。便器を磨くのも一仕事ですが、手が入りやすくすぐに届くように...

キッチンが過ごしやすくなるアイデア

キッチンのデザインを知る良いキッチンを考える上で、重要なのはワークスペースのデザインです。蛇口やコンロを置くワークスペースのデザインは、新築を計画するうえで最も悩む部分の一つでもあります。キッチンにはレイアウトがあります。壁にすべて接している「I型」、角の部分を利用した「L型」、コの字に囲んで周りの収納スペースを増やせる「U型」、そして対面式で壁に片側一面だけが接している「ペニンシュラ型」、壁に接...

忘れ物が減らせる玄関デザインまとめ

吊るすという選択肢玄関に置いておいたのに忘れてしまい、大事に用事に支障が出るということは誰しも経験するものです。忘れ物を防ぐために玄関でできる工夫の一つは「すべてを吊るす」というものです。出かける瞬間に目に入りさえすれば、忘れる確率を激減させることが可能です。といっても壁一面にものを吊るすわけにもいきません。そのため活用されるのは靴収納のドア内側です。靴箱や玄関クローゼットのドアの内側には非常に広...

子どもの学習意欲が高まる家具配置

目に入るものを減らす子供の集中力を上げるのは親にとって大きな課題です。勉強部屋の配置を工夫することで子供の学習力を向上させることが可能です。最も重要なのは勉強スペースに余計なものを置かないことです。目に入るスペースに余計なものが置いてあると集中力が途切れがちになります。窓に向かって学習机を配置すると開放感があって気分が良くなりますが、やはり余計なものが目に入りやすいため、集中力が途切れがちになって...

トップへ戻る